ぼくたちに、もうモノは必要ない。」を読む。


近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」、
ゆるりまいさんの「わたしのウチには、なんにもない。」、
スティーブ・ジョブズを例にした話…


なんだか人の意見をまとめただけのような。
ミニマリストに興味があったのに、なんだか残念。


20代の頃、8回引越し。
物を持つ=動きにくいということを実感。


新品で購入したソファーベッドやダイニングテーブルも
リサイクルショップで買い叩かれ、数千円に。


10万円以上したのに。
2年しか使ってないのに。


結局モノを所有すればするほど損をするということを
20代前半に気づく。


それ以来、家具は折りたたみ式や組み立て式のコンパクトなもの。
家電などもなるべく小さいものを選ぶようにしている。


ぼくたちに、もうモノは必要ない。」に目新しい情報がないと思うのは、
自分がどちらかといえばミニマリスト寄りだからなのかも。