前回タティングレースのことを書いてから、すでに1か月が経過…
                ↓ 
賛否両論!?『タティングレースのブレスレット&ピアス70』を買う


記憶が薄れる前に記事にしないとお蔵入りしそう…
東方神起のDVDばっかり見ている場合じゃない


タティングレースのブレスレット&ピアス70』のポイントはクロッシェボール
金具を使わず、レース糸だけで作れるのがいい


以前、かぎ針編みで麻ひもバッグを作るが趣味だったので
レース編みもすぐできると思っていたけれど…


・・・円形の編み方、忘れてた(笑)
あとレース針&糸が細くて編みにくいったらない


糸が太い方が絶対編みやすいよなーということで
まずは毛糸から始めることに

クロッシェボール

左から…

毛糸(並太)→かぎ針8号
毛糸(中細)→かぎ針4号
レース糸(20番)→かぎ針2号
レース糸(40番)→レース針8号


やっぱり太い毛糸は編みやすい
細くなればなるほどどんどん編みにくくなり…


この本ではクロッシェボールを作るのに
レース針6号と10号(最終段のみ)を使用


ちなみにわたしはレース針8号を使用
家にこれしかなかったので…


でも特に問題なし
最終段はちょっときつめに編むように心がけるくらい


本ではボールの中身は同色系の余り糸使用だけど
中細の毛糸を丸めて代用

クロッシェボール

40番のレース糸でクロッシェボールと30目のリングを練習


一番左はきつめに編んだもの
リングはいつも通り締めるとこんな感じ


小さすぎてボールがとおらない…(笑)


この本に出合ってから
今までリングを締めすぎていたことに気づく


ぎゅっと締めた方が形が決まりやすいし
失敗した目をごまかしやすいからついつい…


初心者は最初から一気に作ろうとせずに
パーツごとに練習した方がいいかも


最後のリングが小さすぎてボールが通らなかったら
泣くに泣けない…