湯船につかりながら本を読むのが好きだ
そんな時は軽めのエッセイがちょうどいい


ということで
林真理子さんの『不倫のオーラ』を読む



その中の「アートの秋」というエッセイに出てくる
美術館が気になって…


豊島(てしま)というところにある
巨大で真白い繭のような美術館


しーんとして誰も声をたてないらしい
なんとなく癒しの空間というイメージがする


ネットで調べてみたら
どうやら豊島美術館というところらしい


建物は白くてなだらかで
思っていたよりも平べったい


繭というよりもUFOって感じ
すべてがまるくて無機質で


ここで半日くらいぼーっとしていたい
レモンロールケーキもおいしそう