できるだけ人と会わずに暮らしたい

    ~40代ひきこもりのごく普通の日常~

【乳がん闘病記】『我がおっぱいに未練なし』を読んだら、ちょっと前向きな気分に


母が乳がんになってから
乳がん関係の本がアンテナにひっかかる


内田春菊さんの表紙と潔いタイトルに
ひかれて『我がおっぱいに未練なし』を読んでみる



存じ上げなかったのですが著者の川崎さんは
社長としてバリバリお仕事をなさっている方


読んだ印象は、ほんとパワフルで前向きな人!
ガンの98%は嫌だけど、残り2%はワクワクって(笑)


新しい体験をすることで自分がどう変化するのかを
楽しんでいるというか


手術やその後の治療も
著者にとっては「実にあっけないモノばかり」と…


母の乳がんが発覚してからというもの
手術やホルモン治療のことを調べて心配や不安が大きかったけど


その一言でちょっと救われる


家族のこと、仕事のこと、過去のことなど
エッセイとしてもおもしろいのですが


乳がんに関係する部分だけを
時系列に並べるとこんな感じ


9月初旬→右胸にしこり発見

9月末日→人間ドックにてマンモグラフィー+エコー検査

10月初旬→国立病院にて再びマンモグラフィー+エコー検査
        細胞を採取する注射3本

10月14日→乳がん宣告<小葉ガン>

10月25日→入院前検査(血液・肺・骨密度・MRI)

11月6日→入院(検査・診察)

11月8日→右乳房全摘出&同時再建手術

11月14日→病理検査の結果(ステージ1後半から2)&治療方針決定(ホルモン治療)

11月19日→退院

12月24日→ホルモン治療開始
         外科外来にて触診・傷のチェック+お腹に注射(エストロゲンを下げる)
         毎日朝晩にノルバディックス錠剤
         
1月19日→外科外来にてホルモン治療(注射月1回、その後3か月に1回)
        形成外科にておっぱい撮影+エキスパンダーへ水を注入する注射

6月6日→入院

6月7日→形成手術(エキスパンダーを取り出しシリコンに変更)

6月10日→退院

冬頃→乳首の形成手術予定


ホルモン治療に関しては
イライラするのはそのせいかと思っていたらただの寝不足だったり


副作用の大量の発汗症状のおかげ(?)で
お肌がきれいになったり


他にはガン保険や生命保険に入っていたおかげで
むしろ儲かってしまったり


考え方によってはがんもそんなに悪くない!?と
一瞬思わせてしまうとっても前向きな闘病記でした


この本の中で紹介されていた『はじめての乳がん』も
読んでおきたい1冊



見ているだけで楽しい…『お菓子の包み紙』甲斐みのり


先日「マツコの知らない世界」に出演されていた甲斐みのりさん
その時は地元パンがテーマの回




正直、先にこの本を読んだものからすると
特に目新しいパンはなかったなという印象


表紙に取り上げられているパンも
いくつか紹介されていたし…


牛乳パンのパッケージの謎を
掘り下げたのはよかったけど


地元パン手帖』も見ているだけで楽しい本だけど
最近読んだ『お菓子の包み紙』もこれまたかわいい本




有名なものから全然知らないものまで
お菓子のパッケージや包み紙がカラーでみっちり載ってる


ほんと甲斐さんてこういうのが好きな人なんだなーと
『地元パン手帖』でもパッケージだけのページがあったり


20年分のコレクションの一部らしいけど
紙類を何十年もきれいなまま保存するのって大変なはず


もらった時はかわいいからととっておくけど
結局活用しないまま、大掃除の時とかに捨てがちだよね…普通の人は


だから本にしてくれてありがとう!という感じ
いつでも好きな時にパラパラ見て楽しめるから

賛否両論!?『タティングレースのブレスレット&ピアス70』を買う


今までタティングレースでアクセサリーを作ったことがない
普段からアクセサリーはしないというか苦手


あとタティングレースのアクセサリーって
こんなイメージ





普段使いというよりも特別な日向けというか
きちんとした格好でないと似合わないというか


見てる分にはかわいいけれど
作っても使い道がないなーって思ってた


でもこちらの本の表紙を見たら
ちょっと作ってみたくなる



デザインがシンプルでけっこう好み
ブレスレットは金具を使わないところがいい


楽天では高評価なんだけど
Amazonのレビューはけっこう荒れ気味
           ↓
タティングレースのブレスレット&ピアス70


買おうかどうしようか迷う…
とりあえず著者・海東麻井さんのブログをチェックしてみることに
              ↓
タティングレースのことばかりになりました。


ブログを読んだ結果…買うことに決定!
共感できるところが多かったので


例えば、びしーとぎゅっとしたデザインが好きとか、
立体はあまり好きじゃないとか、きつくゆいがちとか…


頭にデザインが浮かぶと
それを形にするまで気がすまないらしい


オリジナルのデザインが思い浮かばない人間としては
ほんと尊敬っていうか、才能あるなーと感嘆


しかもタティングレースを始めたのは2014年の年末
わたしと2か月ぐらいしか違わない…(´・ω・`)


本が届き、中身を確認
シャボン玉とスパイラルがお気に入り


何点かすでに作成
詳しくはまたのちほど…


こちらの本の低評価の原因は
略記号が多い、説明がわかりにくいなど


SRってなんだっけ?と最初は思ったけど、慣れたら平気
わかりにくいっていうのは???


一見デザインがシンプルだから簡単そうに見えるんだけど
実はそうでもないというところが問題なのかも


初心者さんが1冊目に買っちゃダメな本(笑)
中級者以上で洋書経験ありならさくっと作れるかと


技術的にはスプリットリングができるレベルならOK
クロッシェ(レース針編み)はできなくても可


その場合は直径1cm前後のパールビーズ+ピーズで代用
まだ作ってみたことはないけど


作る前に著者のブログをチェックしておくとよさそう
特にこのへんの記事を


□30目のリングのコツ(訂正あり)

□糸を感じて

□スプリットリングとlhk

□クロッシェボール問題(さらに!追記あり)


本の出版に関していろいろあったようで
最近はブログを更新されていないのが残念です…

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
記事検索
アーカイブ